「ここだけワイン」主催
ファイナルファンタジー30th記念特別ワイン会!
味のプロ達による楽しい試飲パーティー

ファイナルファンタジーの世界観をホームパーティーで

ここだけワイン代表、今野有子がフランスで何百というワイナリーの中から探し出してきた極上ワインが、「FF30th記念ワイン」に選ばれました!!
選ばれたブルゴーニュの白ワインと赤ワインのお味を確かめるべく、ソムリエ・料理人が集結!
ワイン・料理のプロ達とファイナルファンタジーの世界観を楽しみながらワインパーティーを開催。
パーティーの模様をワインライター岩瀬大二氏がレポート!

よく晴れた昼下がり、パーティーがスタート!

この日集まったのは、FFにハマった経験あり!というワイン通の料理人。
FFは詳しくはないけれど面白そう!ということでFFの料理レシピも考えてくれた料理研究家の加瀬まなみ氏。ワインおたくが高じて仕事になってしまったソムリエ2名。FF大好きグラフィックデザイナー。FF大好き一般人。
RPGという言葉も知らないけれど美味しいワインと楽しそうな食事が好き女子。ワインライターとして数々のメディアに登場する岩瀬大二氏。そしてインポーターとしてこのワインを発掘してきた「ここだけワイン」の今野有子。

FF30周年記念コラボワインで乾杯!

FFの30周年記念ワインはラベルが「天野先生の描き下ろし」というすごいデザインに加え、中身が「ワイン好きにも自信をもって勧められる、ものすごく美味しいワイン」
ここだけワイン代表ソムリエの今野が血眼になって探したワイン。

FFプロジェクトチームによる厳正なブラインドテイスティングで選び抜かれた逸品です。

世界でもっとも有名なワイン銘醸値として知られるブルゴーニュのシャルドネとピノノワール、そしてボルドーの有名シャトーが地下セラーで大切に保管していた30年もののワイン。

パーティーにはブルゴーニュの赤と白が登場。
あの「田崎真也氏」もテイスティングしているプロも納得の品質です。

これはパーティーが盛り上がること間違いなし!

ブルゴーニュから初上陸したシャルドネ100%の白ワイン

「優しいワインは疲れた体へのポーションでありケアル」とはFF大好きの岩瀬氏。

「マジカルな時間も生まれるからむしろエーテルかな」と答えるのはFF好き料理人。

二人がFFトークで盛り上がる中、FF未経験でアイテムも呪文も知らない女性たちの頭の上には「?」マークが。さらに「ところでシヴァとイフリートってなんですか?」との女性たちの質問に熱く答えるFF好きの両名は熱さが空回りして「?」が増えるばかり。そこでソムリエが冷静にワインのテイスティングコメントを披露。

「まず、この白ワイン『シヴァ・ブラン』は、白い果実や花のアロマが美しく、飲むとなめらかでとても心地よいですね」。ブルゴーニュから初上陸したというシャルドネ100%の白ワイン。ソムリエ氏のコメントにワイン好きの女性たちも納得。

ボリューム感も絶妙で、みんなで分かち合えるワイン

続いては赤ワインの『イフリート・ルージュ』。

こちらもブルゴーニュの極上の畑から「召喚」いや、上陸したもの。「ピュアで飲みやすいという第一印象ですが、自然で華やかなハーブのテイストもある。ボリューム感も絶妙で、みんなで分かち合えるワインですね」とのソムリエ氏のコメントにみな納得の表情。

ワインはブルゴーニュの注目エリア・マコン地区から。30周年記念ロゴをあしらったデザインで、FF好きにもワイン好きにも満足できるワイン。

購入ページへ!

こちらはスワロフスキー・クリスタルを使用した30周年記念のオリジナルグラス。ボルドーの名門「シャトー・メイネイ」とのセットで展開中。

購入ページへ!

料理もFFの世界で楽しく演出!

今回はホームパーティーの料理も徹底的にFFにこだわってみた。今日の料理を担当してくれた料理研究家は加瀬まなみ氏。「FFファンの方がニヤッとしてくださるアイデア料理と、気軽に手軽に用意できる料理を組み合わせてみました」。 そのこだわりのFF料理、まずは2皿。

FFファンならピンとくる『デブチョコボ風バーガー』と『王道のパエリア?!』。見栄えも抜群。
もともとスペイン料理が得意分野の加瀬さん。「パエリアは難しいというイメージはありますけれど、実は家のコンロでも簡単にできるんですよ」。「パエリアってきれいな黄金色にも見えますね。ん? ゴールドソーサーか!」とFF好き料理人さんが勝手に興奮。

ここでもう一皿…と出てきたのが骨付きの鳥のモモ肉。これのどこがFF風?と思っていると、加瀬さんがここでブランデーに点火!

イフリート召喚!!!

「イフリート召喚だ!」
とFF好きたちが思わず叫ぶ。FFは詳しくないという他の方も驚きの声と笑顔。こんなサプライズもパーティー料理の楽しさ。FF好きの皆さんにはこんな「創作料理」でアイデアを広げてはいかがだろう。

ちょっとしたアイデアでテーブルはFFの世界へ。加瀬まなみさんの料理!

レシピはこちら!

初めての冒険! みんなで盛り上げよう

美味しく、楽しい時間。BGMはFFシリーズを盛り上げてきた音楽で。音楽にはうるさいグラフィックデザイナーさんも思わず唸った、王立ストックホルムフィルハーモニー管弦楽団による質の高いフルオーケストラ演奏が楽しめる『Distant Worlds: music from FINAL FANTASY』を中心に、耳からもFFの世界に。

※下記のリンク先より、音楽ソフトはこちらから購入できます。

購入ページへ!

みんなでファイナルファンタジーをプレイ!!

ここでグラフィックデザイナーさんが一言。「せっかくだからゲームもやってみたいなぁ」。
「私、やったことがないんですけど、FF好きの人がいらっしゃるからいろいろ教えていただけますよね」。ホストのワインライター氏はニヤリ。
「では、最新作もいいですけど、あえて僕がはまり狂った、20年前にリリースされた『Ⅶ』でいかがですか?」。

早速プレイするFF初体験女子が「これが20年前の作品って…すごい!」と感動の一言。そこにFF好き料理人さんが前のめりでアドバイス。「そこ、ちゃんと装備確認して。△でメニューが見られますよ」。嬉しそうに言葉のチュートリアル。DVDを流しているような感覚でゲームを見ながらのパーティーは続きます。

キャラクターの表情も愉快なデザートタイム

バトンタッチしたグラフィックデザイナーさんが、ゲームの中の冒険でヒロインに出会ったタイミングで、パーティーはそろそろデザートの時間。
登場したのはFFシリーズの人気キャラクター『チョコボ』、『モーグリ』、『サボテンダー』の表情がそのままオリジナルケーキになった楽しい一品。FFを知らないという女性たちからも「かわいいーー♪」、FF好き料理人さんは「これ、よくできているなぁ」。

お味のほうも満足。ソムリエ氏は「どれもチャーミングなテイストのFFオリジナルワインと合いますね。特にチョコボのバニラは、白ワインのシヴァの程よい樽香、モーグリのいちごは赤ワインのイフリートのかわいらしい酸味と寄り添ってくれます」とプロのコメント。最初から最後までFFの世界をふんだんに、でも、FFを知らなかった人も心地よいホームパーティー。

みなさんもFFのアイテムと愉快なアイデアを持ち寄って、素敵なパーティーを!

30th記念!キャラケーキ

『チョコボ』はオレンジとバニラのムース、『モーグリ』はいちごとマスカルポーネのムース、『サボテンダー』は抹茶とショコラのケーキ。冷凍で届くので便利。

購入ページへ!

加瀬まなみ氏 FF30th年ワイン会 料理レシピ

デブチョコボ風バーガー

【材料】
カンパーニュ(パン)1個、バンズ(パン)1個、ロースハム6枚、ビアソーセージ6枚、ペッパービーフ50g、レッドチェダー(チーズ)70g、エビ6本、トマト1個、アボカド1個、ズッキーニ1本、リーフレタス4~5枚

【調味料】
マヨネーズ大さじ2、粒マスタード小さじ2 A レモン果汁小さじ1、オリーブオイル少々、塩コショウ少々


【料理手順】
1. エビは殻・尾を取り除き、背に切り込みを入れてワタを洗い流す。オリーブオイル少々を熱してソテーし、塩コショウで下味をつける。
-----
2. トマトは1cm幅の輪切りにする。アボカドは皮・種を取り除き、スライスしてレモン果汁をまぶす。ズッキーニは輪切りにしてソテーし、塩少々をふる。
-----
3. カンパーニュを厚み4等分に、バンズは厚み半分にスライス。内側になる面に、Aを混ぜて塗る。
-----
4. 3で1~2・ロースハム・ビアソーセージ・ペッパービーフ・レッドチェダー・リーフレタスをランダムに挟む。

王道のパエリア?!

【材料】
有頭えび8尾、イカ1本、アサリ200g 玉葱1個、ニンニク2片、米360g

【調味料】
A:トマトピューレ200g、水500、塩小さじ1.5、サフラン2つまみ オリーブオイル大さじ4
※刻みパセリ・レモン・ムール貝適宜

【料理手順】
1. イカはワタ・軟骨・嘴をはずし、ゲソはブツ切りに、胴体は輪切りにする。ニンニク・タマネギはみじん切りにする。
-----
2. えびは竹串で背ワタをとる。オリーブオイルを熱し、えびを入れて焼き色をつけ一旦取り出す。
-----
3. 残ったオイルでニンニク・タマネギ・イカを炒める。Aを加え、米はだしを効率よく含ませる為、洗わずに加える。
-----
4. 内側と外側を入れ替えるようにゆっくり混ぜながら、弱火で3~5分煮詰める。スープが半分くらいまで煮詰まり、フライパンの底が見えるようになったらアサリをのせ、蓋をして弱火で15~18分炊く。
-----
5. 蓋をはずして1分間中火で加熱し、余計な水分を飛ばす。お好みで、刻みパセリ・レモン・ムール貝をトッピングする。

イフリート召喚!!風チキン

【材料】
鶏肉もも骨付き8本、ブロッコリー1株、ブランデー50cc

【調味料】
A にんにく1片、しょうゆ90cc、オリーブオイル60cc、砂糖大さじ2

1. 鶏肉は骨まわりの肉をそぐようにし、骨がむき出しになっている状態にする。厚手の保存袋にA(ニンニクはすりおろす)をあわせ、鶏肉を一晩漬ける。
-----
2. 汁気をきり、皮目が上になるように天板に並べる。200℃に予熱したオーブンの中段にセットし、20~30分焼く。
-----
3. 塩ゆでしたブロッコリーを積み上げ、たてかけるように3を盛り付ける。ブランデーをフランベし、炎があがっている状態でチキンにかける。 ※しばらくチキンに炎がつくので火傷に注意。

ドライフルーツのベーコン巻き

【材料・調味料】
ドライフルーツ(フィグ・デーツ・プルーンなど)2~4個、ハーフベーコン4枚、オリーブオイル少々、グリーンオリーブ適宜

【料理手順】
1.ドライフルーツは大きい物は半分にカット。ベーコンでクルクル巻く。
-----
2.オリーブオイルを熱し、途中返しながら、中火でこんがり焼く。
-----
3.粗熱をとり、オリーブと一緒に楊枝に刺す。

カニカマのカナッペ

【材料・調味料】
カニカマ4本、小ネギ2本、クリームチーズ70g、塩コショウ少々

【料理の手順】
1.カニカマは5mm幅に、小ネギは小口に刻む。
-----
2.クリームチーズを滑らかに練り、1を混ぜる。 塩コショウで味を調え、クラッカーにのせる。